KAME life

KAME lifeは、YAMAHA ドラッグスター400 / Buell Firebolt XB9R を中心としたバイク遊びと、スチールガレージをベースとしたガレージ改造を扱う、素人による素人の為のホームページです。

YAMAHAドラッグスター400
EASYRIDERSアルミストレッチタンク取り付け


ドラッグスターガソリンタンク交換

フロントフォークをYZF-R1の倒立フォークにして、ホイールもスポーティーな中空キャストホイールに交換され、どんどん軽快な車両になっていくドラックスター。
そうなると気になってくるのが純正外装の野暮ったさ。純正のでっかいタンクはクルーザーとしては相応の迫力があっていいんだけど、スポーティーなカスタムには少々でかすぎっ!

このでっかいガソリンタンクを社外品に交換して、もっと軽快にしてあげましょう!


ドラッグスターガソリンタンク交換

チョイスしたのは、EASY RIDERS製のアルミストレッチタンク。
ダブルクレードルフレームという、カスタムするには少々勝手が悪いフレームを持つドラックスターですが、ボルトオンでこのようなカスタム感たっぷりなストレッチタンクがあるのは嬉しい限り。手軽に、ワンオフしたようなニュースクール系のシルエットを得ることができます。売れている車両は、こういうカスタムパーツも作られるのがメリットですよね。

EASYRIDERSからは塗装を前提とした無処理のタイプと、バフ仕上げしたタイプの2種類がラインナップされています。当然、工程が増える後者の方が価格は高め。私は塗装するつもりだったので、前者をチョイス。でも、無塗装・バフ仕上げっていうのもカフェレーサーみたいでかっちょいいなぁ。


ドラッグスターガソリンタンク交換

ガソリンコックの取り付け部はこんな感じ。ガソリンコックもちゃんと付属するので、届いたその日から使える親切っぷり。給油口は鍵がかけれるタイプのものが付属しますよ。


ドラッグスターガソリンタンク交換

ガソリンタンク本体は上下2分割構造のようで、タンクの上下の合わせ目には溶接跡がそのまま残ってます。溶接自体がとても綺麗でしたので私は特に気になりませんでしたが、装着したら下側になる部分ですので、そもそもあまり見えなさそう。それでも気になる方は、パテでの整形が必要かな?


ドラッグスターガソリンタンク交換

塗装して車体に取り付けたらこんな感じ。
ボルトオンパーツだけあり、装着はとっても簡単。まずはガソリンタンク前方をフレームのダンパーゴムに引っ掛けるように装着して、その後後側のブラケットをボルト2本で固定。つまり、純正ガソリンタンクと全く同一の取り付け方法ですね。


ドラッグスターガソリンタンク交換

純正ガソリンタンクと比較すると、そこそこの容量を確保したまま適度にスマートな外観にすることができました。ワンオフしたような造形のタンクはとってもかっこいいですね。現状では、ガソリンタンク後端とシートとの間に隙間が生じてしまうのが残念なところ。綺麗に仕上げるのなら、このタンクに合わせたシートを製作した方が良さそうです。
また、純正の燃料警告灯は当然使用不可となります。2000年位までの車両にはなかった装備ですが、これがないと嫌!って方も結構おられるようなので、注意が必要です。


*******************************************

取り付けた後1年ほど走行してわかったのですが、前側のタンク取り付け部のフィッティングがイマイチで、多少ぐらつきます。フレームに丸いゴム製のダンパーを介して取り付けている部分のことです。普通に乗るには問題ないんだけど、どうろに段差などがあるとガタンと音がするので、気にし出したらすごく気になる! そういうのが気になる方は、フレーム側のダンパーを太らせるか、タンクの受け部分を整形して対策する必要があるかもしれません。
※たまたま私が購入したやつがそうだっただけで、個体差の可能性もあります。


YAMAHAドラッグスター400のページに戻る


ページのトップへ戻る