KAME life

KAME lifeは、YAMAHA ドラッグスター400 / Buell Firebolt XB9R を中心としたバイク遊びと、スチールガレージをベースとしたガレージ改造を扱う、素人による素人の為のホームページです。

YAMAHAドラッグスター400 倒立フォーク化⑦
~組み付けていよいよ完成~


長きに渡ったフロントフォークの倒立化もいよいよ最終段階。
各部品の組み付けを行います。


ドラッグスター倒立フォーク化

YZF-R1のステムはもちろんのこと、今回全ての部品はボルトオンで装着できるように制作したので、組み付けの手順は純正のドラッグスター400とそう大差はありません。ステムベアリングも純正と全く同じものが使用できます。
せっかくの機会なので、ステムベアリングも新品に交換。ウレアグリスをたっぷり塗りこんで込み付けます。ついでに、ステムシャフトにもうすーくグリスを塗っておくと錆びにくくなって良いですよ。


ドラッグスター倒立フォーク化

そうそう、今回奮発してステムロックナット用の特殊工具も準備しました。ヤマハ純正工具です。普通の純正部品同様、パーツNoで注文することができますよ。


ドラッグスター倒立フォーク化

今までフックレンチでなんとなく組んでいたステムですが、これからはトルクレンチでしゃきっと組めるようになりました。決して安い工具ではないんだけど、マニュアル通りの数値で組めるとやっぱり気持ちが良いです。


ドラッグスター倒立フォーク化

バフ掛けしたトップブリッジ、ハンドルポスト、メーター、そして主役のフロントフォークがつきました。


ドラッグスター倒立フォーク化

続けてフロントホイールも組み付け。
長いことジャッキアップされていましたが、これでようやく転がせるようになりました。


ドラッグスター倒立フォーク化

ドラッグスター倒立フォーク化

ガソリンタンク、ハンドルバーも組み付け。
今までは狭いスペースで作業をしていたので、各部品を取り付けて車体の全体像を眺めるのはこれが初めて。いろいろトラブルはあったけど、こうして形になるとそれらがどっかに吹っ飛ぶくらいの達成感です。まさに、感無量(まだ完成してないけど)。


ドラッグスター倒立フォーク化

実際に跨ってみると、ハンドルバーは少し幅広気味かな?って気がしましたが、ごくごく自然な乗車ポジションの範囲内。とっても乗り易そう。
唯一の誤算はマスターシリンダーのリザーブタンクがでかすぎて、メーターの視認性が少し悪いこと。今後どうしても気になるようなら、クラッチ用の小さいリザーブタンクに交換してもいいなぁ。


ドラッグスター倒立フォーク化

ブレーキキャリパーを装着して、フルードのエア抜きが完了したら遂に完成です。


*****************************************

ドラッグスター倒立フォーク化

当初の予定よりもずっと時間が掛かりましたが、YZF-R1の倒立フォークの取り付けがようやくできました。

早速試乗してみると、以前(仮組み1回目)の時のような乗りにくさは一切なく、ごくごく自然な乗り心地に仕上がってくれました。恐らく、以前の乗り辛さはセパハンだったことが原因だったのでしょう。もうセパハンはやりません・・・。

純正のシングルディスクから、ダブルディスク+ラジアルマスターシリンダーに交換されたフロントブレーキ周りはとてもコントロールし易くて快適です。サンスター製ブレーキディスクのジャダーもなく、一安心(笑)。ただし、フルブレーキングするとフレーム剛性がブレーキに負けているのか何なのか分かりませんが、言葉にし難い気持ち悪さを感じます。車体の、ステムから後ろだけがグニャ~っと泊まらない感じ?なので、せっかくの制動力はあまり活躍する機会がないかもしれませんね。


フロントに続いてリアホイールの換装にも興味津々ですが、まずはせっかく苦労して改造した愛車をガンガン走らせて、サスのセッティングにも挑戦したいところです。


YAMAHAドラッグスター400のページに戻る


ページのトップへ戻る