KAME life

KAME lifeは、YAMAHA ドラッグスター400 / Buell Firebolt XB9R を中心としたバイク遊びと、スチールガレージをベースとしたガレージ改造を扱う、素人による素人の為のホームページです。

YAMAHAドラッグスター400 倒立フォーク化⑥
~ブレーキディスク交換とハンドル周りの部品~


ステムシャフトの新造と、バーハン化に必要な各部の加工と部品の選定という山場を越えたので、残る細々した作業を進めます。

ドラッグスター倒立フォーク化

まずはフロントのブレーキディスク。
1回目の仮組みの時点ではヤフオクで入手したYZF-R1純正のブレーキディスクを組み付けたのですが、そこ後試乗してみるとフルブレーキング時にジャダーが発生することに気が付きました。もしかしたら、歪みのあるディスクだったのかもしれませんね。転倒を起こした車両から取り外した部品だった可能性もあります。理由をしる術はないけど、いずれにせよジャダーの発生するブレーキディスクは使用できるわけありまえん。これが、中古の怖いところですね。

そこで、今回代わりに入手したのはインナーディスクのゴールドアルマイトが眩しい、サンスターのディスク。入手先は懲りずにヤフオク。何だかんだ文句言っても、やっぱり安いのはとっても魅力的・・・。今度はジャダーがでないといいなぁ。


ドラッグスター倒立フォーク化

取り付けはきちんと新品のボルトで、トルクレンチを使ってマニュアル通りのトルクで組み上げていきます。アブレーキ周りの組み付けはきっちりしといた方が、安心して乗れますもんね。


ドラッグスター倒立フォーク化

装着完了。
以前のYZF-R1のディスクはインナーディスクが黒色でしたが、それと比較するとかなり派手な見た目になりました。曲がりのあるディスクを買っちゃったのは残念だったけど、こっちの外観の方が好みだったので、結果オーライということにしましょうか。


ドラッグスター倒立フォーク化

スイッチボックスはドラッグスター400の純正部品をパウダーコート。

すっかりお馴染みの純正スイッチボックスがやっぱり操作性では一番ですし、この丸みのある形状も結構お気に入り。社外品のミニスイッチへの交換も考えたのですが、どうしてもあと一歩踏み出すことができませんでした。


ドラッグスター倒立フォーク化

ちなみに、使用するのは初期型のスイッチボックス。

スイッチボックスって同じような見た目だけど実は2種類あって、これは初めの数年間使用されていたタイプ。違いはアクセルワイヤーの取り回しで、このスイッチボックスは写真の通りスイッチボックス底面にアクセルワイヤーを取り付けます。


そして、もう一種類のタイプの方はこんな感じ。

ドラッグスター倒立フォーク化

そう、アクセルワイヤーがスイッチボックス上部から出ているのです。

アクセルワイヤーが上から出るタイプは、どうしてもアクセルワイヤーが目立ってしまうのが残念なところ。すっきりさせたいなら、前期型のスイッチボックスの方が優れていると思いますよ。


ドラッグスター倒立フォーク化

早速そのスイッチボックスを装着したいところですが、今回の改造でハンドルバーの位置は純正よりもかなり低い位置に変更されたので、その分スイッチボックスのハーネスを切断します。ハーネスがびろんびろんに余っていたら、なんだかだらしないですよね。
スイッチ取り付け部のハンダを外して、切断 ⇒ 再接続の方法でも問題ないですが、カプラーから端子を取り外して配線をカット、新しい端子を圧着 ⇒ カプラー取り付け の方法の方が楽ちんでしょう。



******************************************


ドラッグスター倒立フォーク化

今回のタイミングでハンドルグリップも新調。チョイスしたのはNice!Motorcycleのパンチンググリップ。

私は、今まで様々なグリップを試してきました。そして、満足いくグリップに出会えたことはありませんでした。
用品店でよく売ってるゴム製のものはすぐにボロボロになったり、見た目がダサすぎたり。
クルーザー系で人気のビレット系のものは滑りやすかったり、冬場冷たかったり。酷い場合はインナースリーブときっちり固定できなくて空回りしたり、その逆にスロットルが激重になっちゃったり。

もう、今まで何度がっかりしたことか・・・

そんな私が、手に触れた瞬間これはイイ!と思ったのがこちらのグリップ。ゴムなのにしっとりとした重厚感があります・・・って文章じゃイマイチうまく言えないけど、とにかく握り心地は良いのです。外観も、ものすっごく好みで言うことなし!
早く使ってみたいなぁ。


ドラッグスター倒立フォーク化

あと、細かい部品ですがこのようなものも用意しました。1inchのハンドルバーにNISSINラジアルマスターシリンダーを装着する為のアダプターです。

1inchのハンドルバーを装着する上で結構悩むのがマスターシリンダーの取り付け方法。高性能なマスターシリンダーのほとんどがミリバー用で、それらをクルーザー系では一般的な1inchのハンドルバーに取り付けるのは何かしらの工夫が必要です。今まで聞いたことがあるのは、ハンドルバーの一部部分だけをミリバーにする方法と、マスターシリンダーの取り付け部を切削加工する方法。前者の方法は溶接が必要だし、後者はかなり精度の高い切削加工が必要となるので、どちらもなかなか個人でできる方法ではありません。後者の方法はマスターシリンダーの強度低下も怖いですね。

そのような一筋縄ではいかない、1inchハンドルバーへのラジアルマスターシリンダーの装着が、これを使用するだけでボルトオンでできるって訳!!
これは本当に便利な部品ですね。


さて、これで必要な部品も全て揃ったので、ようやく組み付けです。


続き : ⑦組み付けていよいよ完成


YAMAHAドラッグスター400のページに戻る


ページのトップへ戻る