KAME life

KAME lifeは、YAMAHA ドラッグスター400 / Buell Firebolt XB9R を中心としたバイク遊びと、スチールガレージをベースとしたガレージ改造を扱う、素人による素人の為のホームページです。

Buell XB9R 本革シート製作①


今回はバイクのシートを本革で、自分で作ってみようのコーナーです。
バイクはBuell XB9Rですが、シートはどのバイクにもあるパーツ。他の車種にお乗りの方にも、何かご参考になることがあるかもしれません。
しかし、バイクのシート製作・・・シートの張替もそうですが、その道のプロがおられるだけあって、素人にはなかなか難しい作業でした・・・。そんなの当たり前か?


作業はたった3工程!簡単に言うと、ね


Buell XB9R社外シートカウル

私のBuell XB9RはXB-R系の車両なので、元々はレーシーなシートカウルが装着されている車種です。
ところが私はサブフレームから後ろのリア周り一式をいかにもBuellらしい、ショートなXB-S系のものに交換しております。

その際、XB-S純正の快適なシートではなく、このようなスパルタンなシングルシートカウルを装着しました。このシングルシートカウル、すっきりしていて無茶苦茶かっこいいんだけど、ただスポンジを貼り付けただけのシート座面は流石に快適にはほど遠い仕様です。

そこで、このかっこいいシングルシートカウルをもっと快適にする為、シートを自作することにしました。


シートの製作は3ステップ。

①シートベースの製作
②スポンジ張り、スポンジ整形
③表皮貼り

なんだぁ、たった3工程なのかぁ、簡単そうじゃん!って思ってしまうのですが、私はこの3工程のどれもが超苦手。というか、好きな人なんていないんじゃないの?っていう位、それぞれがいろいろとめんどくさい作業です。


工程①:シートベースの製作


Buell XB9R本革シート製作

バイクのカスタムシート制作の場合、シートベースは鉄板・アルミ板で作る場合と、FRPで作る場合の2つの方法が一般的なようです。
ハーレーのカスタムでは鉄板での制作がメジャーなようですが、高年式の車体だとシート裏にECMからなんやらの電装品がぎゅうぎゅうに詰め込まれていて、シートベースの形状の複雑になります。そういう場合はFRPで制作する場合もあるようですね。

私の場合、鉄板を切断することができても、整形する板金技術もなければ、ブラケットを溶接する技術もないので鉄板では作れません。

今回はシンプルな形状のシートベースではありますが、これまで通りFRPで製作します。
FRPは、ガラス繊維を樹脂で固めて形を作る製法です。材料はホームセンターでも売っているし、特殊な工具も必要ないので、割と身近でお手軽な方法なのです。

FPRを積層する時は、原型となるシートカウルにまず養生テープを貼り、更にその上にガムテープを貼り、その上からようやくFRPを貼り付けていくと、硬化後に簡単に剥がすことができますよ。

素人のDIYで、FRPの離型剤を買うのももったいないですしね。節約、節約


Buell XB9R本革シート製作

Buell XB9R本革シート製作

硬化後、余分な部分をサンダーで削り落とした状態。

FRPというものは、積層する時はベトベトベトベトして汚れるし臭いし、ガラスクロスがチクチクするし、整形時は全身粉まみれになるという、苦痛な作業の連続です。

こんなちっぽけな部品でもうんざりするのに、車のエアロ等のデカいものを自作する人って本当にすごいですよね。


工程②:スポンジ張り、スポンジ整形


Buell XB9R本革シート製作

お次の工程はシートベースへのスポンジ貼りと、その後のスポンジ整形。

その前に材料となるスポンジを入手しないといけないのですが、一昔前と違って今やネットショッピングが当たり前。なんでも揃う時代ですので、当然バイクのシート用のスポンジもネットショッピングで入手できます。

今回はスポンジ専門店の「スポンジクッションのソフトプレン」さんから、 白ウレタンチップスポンジ【量り売り】 を購入しました。

昔は、チップスポンジを探し求めていろんなお店(ホームセンターとか東急ハンズとか、ユザワヤとか)を見にいったものの一向に見つからず、バイクのカスタムやさんから分けて頂いたりしたんですよ。懐かしい・・・。

一方で、ネットショッピングでスポンジを購入すると、その硬さを確認することができません。これば便容易に入手できることの代償ですね。


Buell XB9R本革シート製作

実際、今回購入したスポンジは思っていたよりも柔らかかったです。

私はスポンジ業界にはま~ったく詳しくないのですが、調べて見るとスポンジの硬さを示す単位は N (ニュートン)なのですが、この硬さの数値から単位を取っ払った数値に#をつけて、スポンジの硬さ番手として表記するようです

例えば、今回購入したスポンジは硬さ 410 N のものですので、ウレタンチップスポンジ #410 と表記するようです。


Buell XB9R本革シート製作

そんなスポンジの薀蓄はほどほどにして、作業に戻ります。

カットしたスポンジをシートベースに貼り付け。この後、このスポンジを削って目指すべきシートの形を作っていくので、とりあえずはやや多めに貼り付けておきます。
写真は1枚目を貼り付けた状態で、この後2枚目、3枚目とスポンジを重ねていきます。

貼り付けには普通の多目的ボンドを使用します。コニシのG17であればどこにでも売ってるし、しかも安価なのでなかなか良いですよ。



BUELL XB9Rのページに戻る


ページのトップへ戻る