KAME life

KAME lifeは、YAMAHA ドラッグスター400 / Buell Firebolt XB9R を中心としたバイク遊びと、スチールガレージをベースとしたガレージ改造を扱う、素人による素人の為のホームページです。

Buell XB9R ショートテール化


【注意】
私のBuell XBは9Rだけど、シートフレームから後ろはS系のものに置き換わっています。ですので、ここで説明するショートテール化はR系ではなくて、S系のショートテール化ということになります。


Buell XB9Rショートフェンダー化

私のXB9RはリアセクションがS系のものにとっ替えられていますが、それはS系のショートなリアセクションの方が"いかにもBuell!!"という感じがしてカッコよかったからであります。

そんなかっこいいS系のリアセクションですが、その先っぽには写真の通りごついナンバープレートブラケットがついています。せっかくのすっきりとしたカッコイイリアセクションを、こいつか台無しにしてると思いませんか?


Buell XB9Rショートフェンダー化

私はそう思うので、とっととサンダーでぶった切ってやりました。

世の中にはいろんなメーカーからショートテール化の部品が発売されています。恐らくしっかりした造りで相応の価格なのでしょうけど、それらの部品は結構高価。一方で、純正部品をカットするだけならそんなに費用は掛かりません。状態の悪い中古部品なら、3,000円程で入手することもできますよ。


Buell XB9Rショートフェンダー化

Buell XB9Rショートフェンダー化

切断後は切断箇所をゴリゴリ削って形を整えていきます。
このナンバープレートブラケット、結構厚みもある上に補強も入っていて、非常にしっかりとした造り。ただぶった切るだけ、と思っていたら整形するのに意外と時間が掛かりました。
この純正部品はせっかくのアルミ製部品ですので、それを活かしてここはポリッシュ仕上げにしたいと思います。


Buell XB9Rショートフェンダー化

ポリッシュ加工はまた後程やるとして、取り敢えず車体に取り付けてその効果を確認。

うん!すっきり度がググッとアップしてとっても素敵!

こうやってナンバープレートやウインカー等の保安部品がない状態こそが元々デザイナーが目指したデザインなのでしょう。市販車だから後付けの保安部品が必要となるのは仕方がないけど、それらの為にデザインが多少犠牲になるのはなんとも残念なことですね。

って、・・・・・あれ?保安部品?

改めて確認すると、ウインカーを取り付ける部分がありません。その部分は、何も考えずに先ほどぶった切った部分にあったのです。
そう、ウインカーの取り付け部位が無くなることは全く考えていませんでした。これは急いでどうにかしないと公道復帰できません。


Buell XB9Rショートフェンダー化

ウインカーの取り付け部がないからと言って、汎用のステーでナンバープレート横に取り付けるとかは絶対に嫌なので、新しくウインカー取り付け用のブラケットを製作することにしました。
材料は、写真のアルミのフラットバーとブロックです。


Buell XB9Rショートフェンダー化

Buell XB9Rショートフェンダー化

切断して、穴を開けて、タップでネジ穴を作ります。


Buell XB9Rショートフェンダー化

加工完了。この2つの部品を組み合わせて、ウインカーを取り付けるブラケットを作ります。
パパッと完成しているみたいになっていますが、アレコレと結構悩んだ結果です。これを、シートフレームのタンデムステップブラケットを固定するネジ穴に取り付けます。


Buell XB9Rショートフェンダー化

失念していたウインカーですが、なんとか納まってくれました。
ウインカーを固定するナットが見えるのがあまり好きではないので、このようなねじ込み式にしたのがちょっとした拘りポイントです。時間ができたらもう少し目立たないよう、丸っこく整形してあげたいところです。

社外のショートテールキットを使う場合は問題ありませんが、私のように純正部品をカットしてショートテール化する場合は、事前にウインカーの移設先を考える必要がありますよ。


BUELL XB9Rのページに戻る


ページのトップへ戻る