KAME life

KAME lifeは、YAMAHA ドラッグスター400 / Buell Firebolt XB9R を中心としたバイク遊びと、スチールガレージをベースとしたガレージ改造を扱う、素人による素人の為のホームページです。

Buell XB9R 社外セパハン装着(後半)


BUELL XB9R社外セパハン装着

Buell XB9R 社外セパハン装着(前半)で加工を行った、Buell XB9Rの純正トップブリッジ。社外セパハンと併用するには、純正ハンドルバーの取り付け部が邪魔なので切断、スムージングを行いました。


BUELL XB9R社外セパハン装着

加工が終わったトップブリッジを早速取り付けましょう。
フロントホイール → フロントフォーク → ハンドルバー → ステムの順にバンバン分解していきます。


BUELL XB9R社外セパハン装着

購入後、初めて外したステム。ステムシャフトが錆び錆びです。
これまでほとんどグリスが塗られてなかったのでしょう。この部分もアクスルシャフトもそうですが、薄くでも防錆目的でグリスを塗っておきたいものです。綺麗な状態が長持ちしますよ。


BUELL XB9R社外セパハン装着

ほぼ新品のXB12Scgのステム(右側)と比較すると、傷み具合は一目瞭然。
もちろん、超綺麗なXB12Scgのステムにはしっかりグリスを塗って組み付けます。


BUELL XB9R社外セパハン装着

ポリッシュ仕上げにしたトップブリッジを取り付け。純正の味気ないシルバーと比べるとグッと質感が良くなったよー!!

フロントフォークをセットして、ステムナットを締めて、最後に緩み止めのボルトを締めて・・・ポキッ。

ん?ポキッ?


BUELL XB9R社外セパハン装着

あぁぁぁ!!!

絶版車の貴重なトップブリッジが!何日も掛けて加工を行ったトップブリッジが!


****************************

そして、1カ月後。


BUELL XB9R社外セパハン装着

馴染みのバイクショップから破損したトップブリッジが戻ってきました。
破損したトップブリッジはアルミ製・・・とてもではないですが素人が溶接して修復できるものではありません。かといって、諦めて別のトップブリッジを加工するのはメンドクサイし・・・。ということで、今回はプロに修復を依頼したのです。


BUELL XB9R社外セパハン装着

びっくりする位、綺麗になって帰ってきました。
アルミは溶接した後、徐々に強度が増加しているそうで、どうしても修復には時間が掛かってしまうそうです。


BUELL XB9R社外セパハン装着

破損した部分を溶接でくっつけても強度がでないので、破損した部分はアルミを盛って新たに成型したそうです。一番難しかったのは、最後のボルト穴の位置合わせだったとか。
流石はプロ!素人の予想を軽々超えてくるクオリティです(お値段1万円程)。


BUELL XB9R社外セパハン装着

気を取り直して、今度こそ新しいトップブリッジの組み付け。
前回も決してオーバートルクだった訳ではないですが、今回はより一層慎重に組み立てていきます。


BUELL XB9R社外セパハン装着

そして、完成!社外セパハンの取り付け自体は非常に簡単で、特に問題となる箇所はありません。

ポリッシュ仕上げのトップブリッジと、ブラックアルマイトのフロントフォーク・セパハンのコントラストがとってもかっこよくて大満足。目的はドレスアップじゃなくてポジションの改善なんだけど、見た目が良くなるだけでもやっぱり嬉しくなっちゃいます。


BUELL XB9R社外セパハン装着

写真の通り、トップブリッジのR部分とセパハンの内側のクリアランスは結構ギリギリ。純正のハンドルバー取り付け部がそのまま残っているのは問題外で、削り込みの量が不足していてもセパハンとトップブリッジが干渉してしまいます。加工の際は何度も干渉しないか確認を繰り返した方が良いでしょう。


さて、気になるポジション改善の効果ですが、たったハンドルバー一本分づつ位、手前と上方向にハンドルバーの位置が変わっただけですが、その効果は結構大きいものでした。小柄な方にはお勧めの改造だと思います。

ただデメリットもあって、それは使用した社外ハンドルバー。
角度が調整できるのはいいんだけど、ボルトの締め込みだけで角度を固定しているので、強い力が加わるとハンドルバーの角度が変わっちゃんですよね。立ちごけをグッと堪える時とか、倒れた車体を起こす時とかに、ハンドルバーの調整部分の方が負けちゃうんです。アエラとかフリースピリッツとか、有名メーカーのセパハンが軒並み角度固定式なのはそのデメリットが大きいからなのかもしれませんね。もちろん、そういう角度固定式のハンドルバーを使った場合はそのようなデメリットはなくなります。


BUELL XB9Rのページに戻る


ページのトップへ戻る