KAME life

KAME lifeは、Buell Firebolt XB9R / M2 サイクロンを中心としたバイク遊びと、スチールガレージをベースとしたガレージ改造を扱う、素人による素人の為のホームページです。

BUELL XB9R Magical Racing製フレームカバー装着


BUELL XBモデルの特徴の一つである、フューエルインフレーム。
つまり、燃料を従来の位置のガソリンタンクじゃなくて、フレーム内部にいれちゃおうぜ!っていう機構。
これにより、重量物の一つである燃料をより車体中央側に持ってこれるというメリットがあります。
でもいいことばかりじゃなくて、巨大になったフレームは車体の左右に大きく張り出してしまっているんですよねー・・・

そう、転倒した際はハンドルバーの次に着地しちゃうんじゃないかって位に!

立ちゴケしただけでも凹む可能性が大ありなこのフレーム。その凹み対策は、XBのオーナーになったら真っ先にやることの一つなのかもしれません!?


BUELL Magical Racingフレームカバー

そこで、最も一般的な手段はフレームプロテクターの装着。
フレームプロテクターは純正だけではなく、社外からも何種類かラインナップされています。
今回チョイスしたのは Magical Racing の製品。
カーボン製であるのに加え、転倒時最も力が加わる部分が補強されていたり、一部エアダクトが設けられている等、他の社外品にはない特徴が見られます。


BUELL Magical Racingフレームカバー

購入するまでなかなか見る機会のない裏側。
裏側には最初から両面テープが貼られており、購入後すぐに装着できるようになっています。

写真右側のダクト部分は立体的な造形になっており、なかなか凝っております。


BUELL Magical Racingフレームカバー

転倒時最も力が加わる部分であろう、フレームの角っこ部分には補強材が貼られています。
色調からしてケブラーかな?
商品説明の画像じゃ分かりにくかったのですが、カーボンに埋め込まれているというよりかは、窪みに合わせて貼り付けられているという感じ。
機能的にはいいんでしょうけど、外装色によってはデザイン的にちょっと浮いちゃうかもね。


BUELL Magical Racingフレームカバー

それでは、早速取り付けに入りましょう。
取り付け、と言っても基本的には両面テープで貼り付けるだけなのでとっても簡単。
テールカウル・エアクリーナーカバーが装着されたままだと一部フレームカバーと干渉するので、一旦取り外した方が安全に取り付けることができますよ。


BUELL Magical Racingフレームカバー

ペタッと貼って、外装を元に戻したら完成。シルバー塗装のフレームがカーボン仕上げに大変身!

雰囲気が一気に変わりましね。超、かっこいい!

そう、私は初期型XBのシルバー塗装のフレームの質感がとっても気になっていたのです。でもフレームのような大物パーツ、なかなかバフがけしたり再塗装するのは困難なので、このような部品はまさに救世主ですね。


そして・・・・

BUELL Magical Racingフレームカバー

フレームの角っこの補強分をとったらこんな感じ。
私はこっちの方が好きかな?
補強部分は両面テープで貼り付けられているだけなので、ドライヤーで加熱しながらゆっくり剥がすと簡単に取り外すことができますよ。


BUELL XB9Rのページに戻る


ページのトップへ戻る