KAME life

KAME lifeは、YAMAHA ドラッグスター400 / Buell Firebolt XB9R を中心としたバイク遊びと、スチールガレージをベースとしたガレージ改造を扱う、素人による素人の為のホームページです。

BUELL XB9R 強化ドライブベルトへの交換④
~ベルトテンショナーの導入~




待つこと2週間。やっとこさスタッドボルトが届きました。
加えて、その間注文していた別の部品と工具も届きました。




届いたスタッドボルト。
上2本が新品、一番下の黒いのが取り外したものなのですが、わずかに寸法が変わっているようです。




こちらはJIMSのスタッドボルトインストールツール。
先ほどのスタッドボルトを挿入するのに使う工具です。
普通はダブルナットで挿入するんでしょうけど、せっかく新品のスタッドボルトを取り寄せたんだし、どうせなら丁寧に組み上げよう!という気持ちで購入してみました。

一見するとただの長ナットのようですが、本体の中にはボールが仕込まれていたりと結構良い造りをしています。




そして、Free Spirits製のベルトテンショナー。
決して安価なパーツではないのですが、今回ベルト周りをバラすことになったので、思いきってついでに導入してみることにしました。

このパーツはアイドラープーリーのブラケット(ステー)と交換することで、リアサスを動きやすくしようというのが狙いです。
実際、装着されている方のインプレを拝見していると、効果は確実にあるっぽいですね。
私はまだサスの動きとか、そういうのはあんまり、というかさっぱり状態なのですが、それでもXBの尋常じゃない押し歩きの重さ (純正のアイドラープーリーによるベルトの張りすぎ)は本当にうんざりしていたので、それが少しでもマシになればなぁ、というのが導入の目的です。




アイドラープーリー自体は純正のものをそのまま使用するので、早速ベルトテンショナーに移植。
ガタつきがある場合は付属のシムで調節してね、ということで丁寧に何枚かシムが用意されています(私の場合は結局使わなかったけどね)。

うん、機能はまだ確認できないけど、少なくても見た目は明らかに向上!これはかっちょいいぞ!!

次はいよいよ各部品の組みつけです。


続き : ⑤部品の取り付け~完成

BUELL XB9Rのページに戻る


ページのトップへ戻る