KAME life

KAME lifeは、YAMAHA ドラッグスター400 / Buell Firebolt XB9R を中心としたバイク遊びと、スチールガレージをベースとしたガレージ改造を扱う、素人による素人の為のホームページです。

BUELL XB9R 強化ドライブベルトへの交換①
~交換部品の準備~


ベルトドライブを採用するバイクで心配なトラブルと言えば、ドライブベルト切れ。
予備のベルトをいつも持ち歩く訳にもいかず、切れたら即走行不能という困ったトラブルです。




私のXB9RはXBでは最初期モデルとなるの2003年式ですが、この年式の弱点の一つがまさのそのドライブベルト。
切れやすい!いやいや意外と全然切れないよー、とネット上でも様々な意見を見つけることができますが、実際この年式のベルトはサービスマニュアルでも消耗品扱いされており、定期的な交換が必要なようです。

そんな2003年モデルのドライブベルトはやっぱり不評だったのか、すぐさまより分厚いベルトへと変更されました。
ベルトの改良はその後も行われ、最終的には定期的な交換を必要としない「永久ベルト」にまで進化しました。

そこで今回はその「永久ベルト」を2003年式のXB9Rに移植してやります。
数万円もする部品が消耗品だとお財布には良くないですし、そもそもメーカーが無くなってしまっているのですから、今後そうそう簡単に部品を入手できるとは限りませんからね。




こちらがベルトコンバートに必要な部品達。
 ・ ドライブベルト
 ・ 前後プーリー
 ・ アイドラープーリー(のステー)
 ・ フロントプーリーカバー
 ・ ベルトカバー上下
 ・ (リアブレーキマスター) の7点(8点)となります。

ベルトの交換をしたいだけなのに、意外といろいろな部品が必要となるようです。
私のXB9Rは社外のステップキットに交換されている為不要でしたが、純正のステッププレートを使用している場合はリアブレーキマスターの交換も必要になるようです。




これが交換したいXBモデル最終仕様のベルト。通称「永久ベルト」。
その名の通り定期的な交換は必要とはしないものの、石を噛む等でダメージを受けると切れることはあるようです。




2003年式標準のベルトと、永久ベルトの比較。

もちろん上の薄いものが2003年式のもので、下の分厚いものが永久ベルト。
ベルト幅は同じようです。
分厚くなったせいか結構硬く、とてもじゃないですが予備を持ち運べる感じではありません。
ベルト自体の厚み以外にも、ベルトの山も大きくなっていることがわかります。




ベルトの山が大きくなっている為、前後プーリーも永久ベルトに対応したものに交換する必要があります。

2004年以降の純正部品であれば流用可能。
2003年モデルのプーリーとそれ以降のモデルプーリーでは歯数が異なるので、見分けることは容易です。

03年式は フロント : 30T 、 リア : 72T であるのに対し、
04年式以降は フロント : 27T、 リア : 65T 。

プーリーの歯数は違いますが、減速比はほぼ同じなのでスピードメーターに狂いは生じないようです。
※ 実際変更後の仕様で問題なく車検をパスできました。




2種類のプーリーを重ねて見ると、外径も異なることがわかります。
現在装着されているものが2003年モデル標準のプーリー。
そして、手で持っているものが2004年以降のモデルのプーリーで、一回り大きいことがわかります。




イマイチどうして必要なのかどうかがわかり辛いのがこのアイドラープーリー(のステー)。
プーリー部は恐らく2003年モデルとそれ以降のモデルで違いはなさそうなのですが、このステー部分が異なります。




先ほどのプーリー同様二つのステーを重ねて見ると、取り付け角度が微妙に変更されていることがわかります。
手で持っているステーが2004年以降のモデルのものですが、2003年モデルのものよりもアイドラープーリーが下方向に取り付けられるようになります。
ドリブンのプーリーが巨大化により、2003年モデルとはベルトの位置関係が変わった為でしょうか。
なおこのアイドラープーリーのステーは純正品を利用する他、社外のベルトスパナでの代用できます。


続き : ② 必要な工具の準備

BUELL XB9Rのページに戻る


ページのトップへ戻る