KAME life

KAME lifeは、YAMAHA ドラッグスター400 / Buell Firebolt XB9R を中心としたバイク遊びと、スチールガレージをベースとしたガレージ改造を扱う、素人による素人の為のホームページです。

BUELL XB9R XB12Scgサスへの交換


BUELL XBモデルを購入して最初にしたことは、足付きを向上させる為のローダウン。
多分、XB9Rという車種はスポーツバイクの中でもそこまで足つきが悪い訳ではないと思うのですが、外人向けのゴリゴリに固いサスを相まって、私にとっては少し足つきに不安を感じました。
もちろん、最大の要因は私の足の短さなのですが・・・




そこで、XB12Scgの純正サスペンションを流用してローダウンを行います。
有り難いことに、XBシリーズにはXB12Scgというローダウンモデルがあるのです。

BUELLのXBモデルのフロントフォークには普通のと太いものの2種類がありますが、XB9RとXB12Scgはどちらとも普通の太さのフロントフォークを採用しているので、それぞれのフォークはそのまま装着することができます。
太いフロントフォークを採用している2005年以降の多くのモデルに流用する際は、写真に写っているようにアンダーブラケットも必要となります。
(トップブリッジ部の外径は年式問わず同じのようです)




下側のものがXB12Scgのフロントフォーク。
上のXB9Rのものと比べてみると、その長さの違いは一目瞭然ですね。




今度はリアサスペンションの比較。
左の水色スプリングのものが標準装備のR系サスペンション。
右の黄色スプリングのものが今回交換するScgのサスペンションです。
フロントフォーク同様、こちらも明らかに長さが違いますね。




交換に際しサイドスタンドの交換が必要なはずなんですが、意外にもXB9Rのスタンドでも問題なく使用できました。
が、やや車体は立ち気味になるので絶対っていうほどでもないけど、できれば交換したほうが良さそう。




交換後。
純正部品の流用なので、作業自体はボルトオンでとっても簡単です。
XB12Scgのサスはスポーツ走行する上では全然ダメとのご意見をよく聞きますが、一方でローダウンによる足つきの向上にも明らかな違いがあります。

スポーツ走行は興味ないけど、普段の街乗りを乗りやすくしたい!という方や、小柄な体格の方にはお勧めの改造ですよ。


BUELL XB9Rのページに戻る


ページのトップへ戻る